北へ帰る脱北者続出…「生き地獄」韓国批判

北朝鮮から苦難の末、韓国に逃れた後、再び北朝鮮に戻る脱北者が続出している。
昨年の金正恩(キムジョンウン)体制発足後、12人に達し、全員が「生き地獄だった」と韓国批判を展開した。脱北者の増加を危惧した北朝鮮側の工作があるとみられるが、韓国定着に失敗した脱北者の中には、自ら北朝鮮入りを図るケースも出始めている。
北朝鮮の朝鮮中央通信によると、7月に再入国した元脱北者の「座談会」が9月30日に平壌で開かれた。このうちチャン・グァンチョル氏(33)は「韓国では職探しが大変で給料も韓国人の半分以下。悪夢の日々だった」などと語った。
北朝鮮メディアが、元脱北者の「座談会」や記者会見を報じ始めたのは昨年6月、ソウルで6年間生活した後に帰国した女性の例からだ。報道内容は▽中国で 韓国情報機関にだまされ、連行された▽韓国生活は最低だ▽正恩氏は罪深い私を許してくれる――で共通。韓国政府は、北朝鮮住民の韓国への憧れを壊す狙いの 宣伝工作で、セリフも丸暗記させているとみる。
再入国に北朝鮮当局が関与しているとの見方も強い。チャン氏の知人によると、北朝鮮北部・恵山(ヘサン)からチャン氏の妻子が後を追って脱北したが、中 国で逮捕されて北朝鮮に送還された。チャン氏はソウル近郊で建設作業員として働き、生活も定着。知人は「家族の逮捕を聞いて我を失っていた。北朝鮮当局に 脅迫されたのでは」と話す。他にも、家族の身柄拘束後に姿を消した脱北者がおり、韓国政府は経緯を調査中だ。
北朝鮮消息筋によると、再入国後の待遇は劣悪で、少なくとも2人は政治犯収容所に送られたとの情報がある。北朝鮮から再び脱北し、8月に韓国入りした夫婦が韓国当局に語った話では、北朝鮮での取り調べで、脱北者仲間23人の個人情報を話すよう強いられた。

 

ふーん。

そうなんだ。

まぁ、北朝鮮による工作の可能性が高いんでしょうけどね。

でも、報じられている韓国での実態も嘘じゃないでしょ。

とにかく自分を優位な位置に置きたい民族ですからね。

なんでもいいから相手を自分より下のポジションにしたい。

自分の身分を捏造してでも優位な立場を作り上げたい。

北朝鮮からの脱北者が差別されるのもわかります。

「同胞」なんて聞こえのいい言葉をよく使っているけど、実際にはそんな風に思っていないですもんね。

日本でも地方出身者に対して田舎者と馬鹿にしたりなんてことあるけど、どうやら韓国のそれは次元がが違うようです。

まぁ、普段報じられている韓国の様子を見るとわかりますね。

あぁ、恐ろしい。

http://www.londonbombs.org.uk/