73歳日本人男性が津軽海峡の遠泳成功

広島市の富永俊夫さん(73)が、青森県と北海道の間の津軽海峡を泳いでわたる世界最高齢記録を樹立した。
なんとこの記録は去年、横断に成功したメキシコ人男性の56歳の記録を抜く、快挙達成となったのだ。
富永さんは、7日午前5時半ごろ青森県を出発した。
その後、潮の流れに苦しみながらも、およそ10時間かけて見事30キロを泳ぎきった。
日本は長寿の国と言われますが、こんなに元気な73歳は中々いないのではないだろうか。
そして、津軽海峡を泳いで渡ろうと思う人も中々いない。
高齢というのはもちろんすごいが、津軽海峡を泳いで渡り切るというのもすごい。
これからも元気に色んなことに挑戦して、楽しく生きてほしいと感じた。