インド女性、70歳で第1子出産

先月、70歳で第1子を出産したインド人女性が10日、AFPの取材に応じ、母親になるのに老い過ぎていることはなく、出産によってようやく人生を全うできたと語ったそうだ。
ダルジンダー・コーさんは、北部ハリヤナ州の不妊治療院で体外受精治療を2年間受けた末、先月19日に男児を出産したという。
79歳の夫との46年間の結婚生活で子どもは授からず、ほぼ望みを捨てていたという。インドでは、不妊は神の呪いとされることもあり、夫婦はあざけりの対象だったそうだ。
コーさんは「神への祈りが届いたのです。人生を全うしたように感じます。私は自力で赤ん坊の世話をしていますし、とても元気です。夫もとても協力的で、一生懸命に手伝ってくれています」と語っているという。
コーさんは自身の年齢を70歳前後としているそうだ。一方、不妊治療院の発表文では72歳とされているとのこと。インドでは出征証明書を持たない人が多く、自分の正確な年齢が分からないことは珍しくないそうだ。
国立不妊治療・体外受精児センターによると、夫婦の卵子と精子を使用して妊娠した男児は、誕生時の体重はわずか2キロだったが、今では「健康で元気」だという。
コーさんの夫はAFPの取材に対し「私たちが死んだら子どもはどうなると言われます。でも、私は神を信じている。神は全能で至る所にあり、全ての面倒を見てくれます」と語ったそうだ。
インドでは2008年にも同じく体外受精で妊娠した72歳の女性が双子を出産したと報じられている。「神が面倒をみてくれる」という考えはいかにもインドらしいように感じるが、実際には苦労することになるのではないか心配だ…。