ウェブ魚拓、一部機能が停止

Webページ保存アプリ「ウェブ魚拓」を運営するアフィリティーは3月1日、一部機能「過去の魚拓」を停止すると発表したそうだ。
「過去の魚拓」とは、取得魚拓一覧をカレンダーから日別に表示できる機能だそうだ。停止理由については個人の権利として認められてきた「忘れられる権利」などへの対応が「現状、困難なため」としているという。同機能を完全に廃止するか、対応版をリリースするかは検討中とのこと。
なお、今回のことは「取得済み魚拓」とは無関係で、通常の魚拓機能は今まで通り利用できるそうだ。3日になって、一部ユーザーから「ウェブ魚拓そのものが停止になるのでは」と心配する声が寄せられたためか、同社はサイトを更新。「あまり使う方がいないので認知がされていなかった可能性があり、名前が誤解されやすかったことをお詫び申し上げます」と謝罪しているという。
「忘れられる権利」というのは、基本的にはインターネット上にある個人情報を検索結果を削除してもらうように検索事業者に要請することのできる権利だそうだ。知らなかった…。