宝くじ2千枚「落とし物」届く

9月の関東・東北豪雨で大きな被害を受けた栃木市の市役所に28日、全国自治宝くじ2千枚(60万円相当)の「落とし物」があったそうだ。
栃木県栃木署によると、28日正午ごろ、60代くらいの女性が「市役所の駐車場エレベーター内で拾った」と市職員に紙袋を届けたという。袋には宝くじと共に2通のメモが入っており、栃木市長宛てには「宝くじが当たりましたら、大豪雨災害の被災者にお使いください」、市農林課宛てには「大豪雨災害の農家の方々のためにお使いください」と書かれていたという。市は拾得物として同署に届け出たとのこと。
60万円相当の宝くじを寄付するというのはなかなかにくい。高額が当選すればいいのだが。

必ず座れる通勤電車

お仕事お疲れ様です。長い時間満員の通勤電車で立ちっぱなし、つり革に捕まることもできないし人に押されるがまま電車に揺られるがまま・・・会社に着く頃には一仕事終えたかのような疲労感でもううんざりしますよね。さらにこれが当たり前のように毎日続く。たまに運よく座れると嬉しくてやった!って気分。
実は今、鉄道各社では朝のラッシュ時に″確実に座って通勤″できる電車の導入が進んでいるそうなのです。それが、京浜急行が7日朝から導入した「モーニング・ウィング号」です。全車両必ず座れるという嬉しい電車を利用するには、乗車券以外に300円の着席整理券の購入が必要です。座席は自由ですが、整理券の販売枚数が座席数と同じ436枚なので、必ず座れるという仕組みになっています。運行区間は三浦海岸から品川、三浦海岸から泉岳寺の平日朝2本。所要時間は約1時間20分だそうです。東武鉄道や京王電鉄でも有料で座れる通勤電車の導入を予定しています。
・・・羨ましいかぎりです。押されて苦しくてもすぐ着くから乗ってしまえ!って感じで毎朝おしくらまんじゅう状態の都心電車にも導入してほしいですね・・・すごく難しいと思いますが・・・。