飯田圭織、左胸にしこり見つかる

元モーニング娘。の飯田圭織が今月18日に自身のブログで、左胸にしこりを発見し、乳がん検査を受けたことを報告した。
飯田圭織は「実は今週に入って、左胸にしこりのような違和感があり、小豆ほどの大きさのしこりを発見してしまいました」と明かした。
2歳になる息子を抱えているだけ、不安は一層大きく、最悪の事態も考えてしまったという。
18日に勇気を出して、マネージャーに息子を預けて、ついに病院へ。
飯田圭織は「この大きな一歩を踏み出すのにものすごい勇気が必要でした。そして、半分覚悟もしていました・・・。」と語る。
結果的にしこりは良性の腫瘍だったことが判明したという。
「ここ数日の間は本当に何も考えられなかったので、今ホッとしています・・・。」と安堵する飯田圭織。
定期検診の必要性を自身のブログで語るとともに、「本当にご心配をおかけしました!!わたしは大丈夫!!」とファンに向け、あらためて宣言をした。

読書量が子どもの将来を変える?

本を読むことで読書量を増やすことができます。それが子供の学力を高める第一歩になることをご存知でしょうか。
この世の中、様々菜習い事があります。ですが、「読書」はお家の中でできる一番身近な知的教育なのです。
子供にもっともっと本を好きになってもらうには、本を好きになる環境作りが重要になります。
子供はみな未知の可能性を秘めていますよね。将来、何になるかは本人の決めることではありますが、その選択肢を広げるのに役立つのが「本」なのです。
子供のストレスにならないように楽しみながら、自然と本に触れることのできる環境を作ってあげることが、学力の下地を作ることにつながるのです。
国語力こそが、すべての勉強の根幹になっていくのです。ぜひ今日からあなたのお家でも読書のしやすい環境づくりをしてみてはいかがでしょうか?