フェイスブック、退会増加

世界で最もユーザーが登録をしているSNS「Facebook」ですが、そのフェイスブックに異変が起こっているという。
ここ最近、「Facebook」を退会する人が増えているという。
特に10代のユーザーを中心に数が激減しているという。フェイスブックは友達や知人と気軽に繋がることができるツールだが、それが裏目に出てしまうとストレスを感じるようになってしまう。
なんとここ最近は、31カ国でFacebookのユーザー数が減少しているという。また、利用者の約半分以上が、Facebookをやめよう、または退会しようと思ったことがあるという。ではなぜそう思ってしあうのだろうか。それは、友人や知人の他人の投稿で垣間見える、他人の生活がリッチで充実してるように見えてしまう。そこから嫉妬心が生まれ、Facebookを使用することでネガティブ思考に陥りやすくなる人が増えている。また、見たくないものが見えてしまう場合もある。
Facebookの使い方によっては、ときにネガティブ思考になってしまったりしまうので、ほどほどにストレスを感じない程度に使用してみるのはいかがだろうか。